香水はイメージ@香水の使い方選び方のコツ
香水のNET通販
スポンサードリンク

香水の使い方

香水のライン使い

気に入った香水ができたら、ぜひシリーズで使ってみましょう


   <<ライン使いで楽しむ>>

お気に入りの香水が決まったら、そのシリーズでそろえて楽しみましょう

ボディローション、ボディパウダー、お風呂用で使っていると、香水の下地にもなりいつも好きな香りに包まれて過ごすことができます

眠りにつく前、そして目覚めたとき、好きな香りに包まれてるなんてステキでしょ?

シリーズで揃えたいと思ったら、デパートなどのキャンペーンは絶好のチャンスですよ

メーカーにもよりますが、シリーズで揃えているところは多く
単品で買うよりもお安く手に入ります


     香水はイメージ@香水の使い方選び方のコツ

香水の使い方

香水をつける身体の部分

体温の高い部分、身体の内側と覚えてくださいね

   <<付ける部分>>

香水は体温の高い部分で清潔な体の内側に付けると香りがまろやかになります

脈打つ部分・毛穴の多い部分に付けるのが鉄則です

服を着る前にウエスト、ひざやくるぶしの内側などに香水なら4ヶ所くらい、オーデトワレなら6ヶ所くらいに付けましょう

   <<付け過ぎない>>

同じ香水を使っても人によって香りは変わります

体温が高い人は香りが拡散しやすいようです
オイリーな肌質の方は香りが持続する傾向にあります

体調の良くない時は毛穴が閉まり、香りがこもってしまいます
付けすぎは香害です

香水は至近距離でほのかに香ることを常に意識しましょう

キスしてほしいところにつける、と言ったのは?


   香水はイメージ@香水の使い方選び方のコツ

香水の使い方

香水の時間差

香水には香りが立つのに時間差があります

  <<トップ(すぐ〜10分後)>>
つけてすぐから10分ほどの間に立つ香りで揮発性の高い清々しい香り

  <<ミドル(30分〜1時間後)>>
香水本来の香りが立つのでこのイメージで自分の好みが決まる

  <<ラスト(3時間後)>>
残り香と呼ばれる香りのことで人に与える印象が変わってきます


香水は付けた後に変化していきますので、たとえば付けた直後に人に会うのか?

数時間後に会議があるのか?などによって付けるタイミングをはかってくださいネ

デートの直前に香らせたいのか?
ラストの香りを彼に気付いてほしいのか?
戦略を練ってください  ^^


     香水はイメージ@香水の使い方選び方のコツ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。