香水はイメージ@香水の使い方選び方のコツ
香水のNET通販
スポンサードリンク

香水の種類

オーデコロンという香水


香水の濃度からいけば、一番薄いのがオーデコロンです

   オーデコロン=3%〜5%=1〜2時間の持続時間

気分が落ち込んだとき、リフレッシュしたいときにいいでしょうね
朝の目覚めやお風呂上りにも、たっぷり使って楽しんでください

香水はそれだけで香るわけではなく、使う人の体臭と混ざって
香りがします

ですから、同じ香水を使っていても人によって香りは違いますし
同じ人でもその日の体調によっても変わってきます

デリケートでしょ?  ^^


       香水はイメージ@香水の使い方選び方のコツ

香水の種類

オーデトワレという香水


香水の濃度の濃さからいえば、3番目になるのがオーデトワレです

   オーデトワレ=5%〜10%=3〜4時間の持続時間

朝つけたら、午後にほんのり香りが残るくらいの濃度なので
昼間の香水としておすすめ

初めて香水を使う初心者には、価格も気軽さもピッタリでしょう
まずは、オーデトワレで好きな香りを見つけてみては?

香水は体温が高ければ、より香り立ちます
低ければ、匂いがこもりがちになります
体調も見ながら、付け過ぎないようにしてネ

      香水はイメージ@香水の使い方選び方のコツ

香水の種類

オーデパルファンという香水


香水はその濃度で4種類に分けられます

パルファンの次に濃いのがオーデパルファンです

   オーデパルファン=10%〜15%=5時間程度の持続時間

オーデパルファンはパルファンに近い濃度と品格を持ちながら
お値段が手頃で普段にも使いやすい香水です

パルファンは夜用でしたが、オーデパルファンも基本的には夜用
ですが、湿度の低いカラっと晴れた日ならば日中でも控えめに
使えますよ

すべての香水にいえることですが、これぐれも付け過ぎないようにね

     香水はイメージ@香水の使い方選び方のコツ

香水の種類

パルファンという香水


香水とは良い香り(フレグランス)が集まったものです

香水パルファン=15%〜20%=5時間〜7時間持続する

パルファンが一般に香水と呼ばれています
パルファン以外は、濃度が低くなるのでトワレとかコロンと呼びますが、良い香りが集まったものということでは全部香水ですね  ^^

パルファンは持続時間が長いので、おもに夜用です
香水の中では最も深みがあり、香りに豊かさが感じられます

その分お値段も高くなりますが、好みの香りが決まったら
シチュエーションに合わせて一つは持ちたい香水ですね


      香水はイメージ@香水の使い方選び方のコツ

香水の種類

香水の持続時間

香水の持続時間には4タイプあります

アルコールの中に香料が含まれてる量(濃度)で決まるんです
本当の香水は濃度の高いパルファンだけです


  <<香水=パルファン>>

5〜7時間(15〜20%)
最も長く香り、深く豊かな香り

  <<オーデパルファン>>

約5時間(10〜15%)
パルファンに近い濃度なのに値段が手頃

  <<オーデトワレ>>

3〜4時間(5〜10%)
朝つければ昼にはほんのり残る程度
昼の香りとしてオススメ

  <<オーデコロン>>

1〜2時間(3〜5%)
薄いので気分転換したい時などにド〜ゾ

*ボディ用香水などにはアルコールが含まれてませんので<<オーデサントゥール>>と呼ばれます

購入する時は、目的を考えて持続時間も考慮のうえど〜ぞ


     香水はイメージ@香水の使い方選び方のコツ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。