香水はイメージ@香水の使い方選び方のコツ
香水のNET通販
スポンサードリンク

香水のTPO

香水をつけてはいけない場合


香水は見えないだけに軽く考えておられる方もあるでしょうね

香水を付けてはいけない、ま、人によっては少しならいいんじゃない? という方もあるでしょうが、最低限のエチケットは押さえておいてくださいね

  <<告別式・法事・病気見舞い>>

仏事では香水を付けないのが賢明です
また、病気見舞いなども匂いに敏感な時ですから控えましょうね
お見舞いのお花も香りが強くないものにしましょう

  <<食事の席・特に和食>>

洋食であれ、和食であれ、その料理の匂いがありますよね
せっかくのおいしい匂いのじゃまにならないようにしましょう

どうしても香水を付けたいという方は、極力少な目に控え目にほのかに香る程度にしておきましょうね

香水で、今後あなたを見る目が良くも悪くも変わってしまうかもしれません

香水は魅力あるものですが、くれぐれも付け過ぎないことです

     香水はイメージ@香水の使い方選び方のコツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37581629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。