香水はイメージ@香水の使い方選び方のコツ
香水のNET通販
スポンサードリンク

香水の使い方

香水をつける身体の部分

体温の高い部分、身体の内側と覚えてくださいね

   <<付ける部分>>

香水は体温の高い部分で清潔な体の内側に付けると香りがまろやかになります

脈打つ部分・毛穴の多い部分に付けるのが鉄則です

服を着る前にウエスト、ひざやくるぶしの内側などに香水なら4ヶ所くらい、オーデトワレなら6ヶ所くらいに付けましょう

   <<付け過ぎない>>

同じ香水を使っても人によって香りは変わります

体温が高い人は香りが拡散しやすいようです
オイリーな肌質の方は香りが持続する傾向にあります

体調の良くない時は毛穴が閉まり、香りがこもってしまいます
付けすぎは香害です

香水は至近距離でほのかに香ることを常に意識しましょう

キスしてほしいところにつける、と言ったのは?


   香水はイメージ@香水の使い方選び方のコツ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。